若者だってリスク大!EDってこんな病気

EDチェック

EDは、勃起不全・勃起機能障害と呼ばれており完全に勃ってくれないという風に聞こえますが、実際は違います。
中には、最初は勃起してくれるけど途中でしなびてしまう人や完全な硬さになってくれないなど、さまざまな症状があり人によって変わることも。

「まだ20代だから」と侮っていると自分がEDだと気づきにくくなります。

それでは、セルフチェックできる症状例と勃起不全の原因をみていきましょう。

いくつ当てはまる?セルフEDチェック

EDになるきっかけは人それぞれです。あなたはいくつ当てはまりますか?

・性欲もあって興奮しているけど勃ってくれない
・勃起はするが以前のような硬さじゃない
・挿入した後に硬さが持続せず途中で抜ける
・そもそも勃起しない+持続しない

このように感じ方は人によって変わってくるので、ひとつでも当てはまった方はEDの可能性があります。
勃起に対して満足感が得られない回数が増えた時は、医師に相談してみましょう。

EDになってしまうワケ

EDの原因を自分で探し当てるのはなかなか難しいもの。原因となる理由を理解することで勃起不全を未然に防ぎましょう。

EDは、生活パターンが乱れていたりストレスを抱えていたりすると症状が生じやすくなります。

日常生活の中でストレスを抱え込みすぎると性欲すら湧きませんよね。
ストレスの他にも緊張や焦りを感じ、口では「こんな時もある」と自分に言い聞かせてみても成功しないケースも。

その他に特定の薬剤、抗うつ薬・抗けいれん薬・抗精神病薬といった薬を使用している場合は、副作用としてEDになる可能性があります。
精神面を安定させる薬は、服用している間は勃ちにくくなる副作用があるので処方量を調整できるか医師と話し合いましょう。

副作用を知ると服用がより前向きに!

バリフの副作用のこと

バリフを服用する時は、副作用についても把握しておかなければいけません。
主作用が勃起効果をもたらしますが、同時に期待していなかった作用が起こった場合、副作用といいます。

バリフの副作用は、ほてり・頭痛・めまい・鼻づまり・ものが青くみえる・胃の消化不良などです。
上記の症状で、「青いめがねをしているよう」と感じて青い近い色を識別できないといった異常な見え方をするケースがあるようです。
まぶしいく感じる場合もあるので、普段から車や乗り物などの運転がある方は気をつけてください。

重篤な副作用といって、ごくまれに報告される危険な症状があります。
陰茎組織損傷・勃起が長く続く・視覚異常・起立性低血圧
持続勃起症(プリアピズム)と言われる、痛みを伴う男性器が元に戻らない状態が4時間以上続いたら、急いで病院に受診しましょう。
報告されたケースはめったにないので、心配しすぎず万が一に備えた対処法として把握しておいてください。

副作用は数時間すると段々収まっていきますが、強く感じてしまう場合の対策をお伝えします。
◇1錠を半分にしてのむ
バリフは海外医薬品のため、日本人より大柄な外国人に合わせた用量で作られています。
成分が20mg含まれているので、ピルカッターで半分にカットして服用してみてください。
1錠で2回も服用できて、費用がさらに格安にもなるのでオススメです。

◇食事を軽めに摂る
薬の吸収が抑えられるので、食べたものを消化する働きと同タイミングになり症状を軽減できます。
また、服薬する際に水をコップ半分以上飲むこと。
胃腸管に接触する薬が全体的に広がりやすくなるため、吸収自体は促進されます。

◇市販の薬で対策
頭痛の症状はロキソニンが併用できます。
消化不良も胃薬と一緒に飲んでも大丈夫なので、ツライ時は我慢せずに市販薬を併用してください。

飲み方を守ってギンギンな勃起を手に入れてみる?

バリフの正しい飲み方
効果を得たい時は、正しい服用方法を守ることが大事です。
「バリフを飲んで効果がなかった」と、自分に合っていなかったと決めつけるのは間違い。
飲み方次第で効果の出方も変わるというのを、ご存知でしょうか。

まずはしっかり、基本の服用方法を知って自分のスタイルに合うED治療薬を見つけていきましょう。

【服用量】
1日1回1錠
※24時間の間に1錠以上服薬してはダメです。
【服用タイミング】
性行為の30分~1時間前
※飲む前の食事は、700kcal以内で抑えましょう。

薬の効果を感じられなくて、さらに1錠追加で飲む行為は大変危険です。
過剰に摂取してしまうと、副作用が強くでてしまう・血圧が急激に低下する恐れがあります。
バリフを飲む時に食事を摂りすぎるのはNG。
制限内であれば食べても影響はありませんが、効果をしっかり得たいのであれば空腹時がオススメです。
お腹が空いていると体内で成分の吸収がされやすいため、即効性と硬い勃起を実現できます。
脂っこい食事は避けて、胃で消化されやすい料理を選ぶようにしてください。

バリフの有効成分はバルデナフィルです。
お酒との併用はとくに禁止されていませんが、血行促進作用があるので酔いやすくなります。
1杯程度に抑えて飲むか、アルコールに強くない方は控えてください。

バルデナフィルの成分は、グレープフルーツの相性が非常に悪いです。
果物類には、フラノクマリンという成分が含まれており、その中でもグレープフルーツが断トツです。
併用してしまうと、薬の成分を分解する体内酸素の働きを弱めてしまい作用が続いてしまいます。
長く効き目を感じられるのは、メリットではなくデメリットで作用を増強させてしまいます。
血圧が急激に下がり意識を失う・めまいに襲われる危険があるので、絶対に飲んだり食べたりしないでください。

バリバリな効果について教えます

バリフの効果について

バリフは、国内で2番目に承認されたレビトラのジェネリック医薬品です。
インドのムンバイにある、アジャンタ・ファーマ社で製造・販売されています。
ジェネリック製造大国として注目されているインドで、アジャンタ・ファーマ社は大企業として成長を遂げています。

バリフは、勃起を促進して硬さを維持できる治療薬です。
血流改善を目的としているので、ED男性の原因ともなる血管のつまりを改善して、スピーディーに勃起できる状態を作ることが可能。

EDは射精時に男性器を元の状態に戻すPDE5という酸素が、勃起する前に活発に働き過ぎてしまうからです。
バリフの有効成分であるバルデナフィルは、PDE5の働きを阻害する作用があるため、血液を男性器に増やしていきます。

「効果がでるとすぐに勃起してしまうの」と、不安に思う方もいますが、あくまでも勃起できるコンディションを整える治療薬。
性的興奮・刺激を与えないと勃起しないので、ご安心ください。

バリフはずば抜けた即効性を持っているため、服用してから30分では確実に効果を発揮できます。
勃起力も強いですが、他のED治療薬と比べてみると。
【1位】バイアグラ(ジェネリック:カマグラ)
【2位】レビトラ(ジェネリック:バリフ)
【3位】シアリス(ジェネリック:タダシップ)
2番目に硬い勃起を手に入れることができます。

1位でなければ意味がないと思ってしまいますが、強く効果を発揮するED治療薬は、副作用も同じくらいでやすいです。
硬い男性器がいいわけでなく、ムリに勃たされている感じが違和感と言う方もいます。
バリフは、バイアグラやシアリスのいいとこ取りしたED治療薬なので、気になる方は購入してみてください。

 

魅力のあるバリフのメリット・デメリットは?

バリフのメリット・デメリット

バリフは魅力の多いレビトラのジェネリック品ですが、デメリットもあるのでしょうか。
メリットだけを集めてみると。

1錠あたり200円で買えるから格安にED治療できます。
先発薬であるレビトラは病院の処方で1,800円前後なので、バリフはかなりお得です。
忙しくても個人輸入で気軽に注文できるから、仕事の休憩時間・自宅にいる時など、どこにいても購入できます。

バリフは即効性だけでなく、作用時間が8~10時間とバイアグラよりやや長いのが特徴。
最大10時間も続けば、体調次第で何回戦でもセックスができます。

メリット
◇即効性
◇持続時間がほどよく長い
◇食事の影響が少ない
◇格安
安いと常備しやすく、急なお泊りの時でも服用して15~30分で効果がでるから安心。
彼女がセックスをおねだりしてきても、バリフを使用すればすぐ応えられます。

「セックスがいつもより長くもった」という口コミが多数あります。
バリフは早漏防止効果があると言われていますが、改善できる成分は入っていません。
ハードな勃起を可能にするため、刺激を鈍感にさせて射精までの時間が伸びた可能性が高いです。

デメリット
・日本では買えない
→国内では販売していないですが、個人輸入で簡単に購入できます。
・製造中止
→バリフはレビトラの製造元に訴えられました。
裁判に敗けてしまい製造は中止になりましたが、その時点まで作られているバリフは販売が許可されているので、在庫がある内は買えます。
・返品対応ができない
→海外から発送している製品は、返品対応ができません。
使用する時は本当に必要なのか、服用できる身体かを確認して注文してください。

バリフは長所が多いだけに、製造中止を発表してから沢山のED男性がショックを受けました。
愛される治療薬だからこそ、在庫のあるサイトから1度試してみてください。